住宅選びによって、満足のいく暮らしが送れるかどうかが決まる

別荘を手に入れる

コンドミニアムの傾向

コンドミニアムというのは、原義で言えば分譲マンションのことです。そもそもマンション、というのは英語として豪邸という意味ですから、日本のような集合住宅を指す言葉ではないのです。 英語の本来の意味とは変わって来ることがよくあるのです。日本ではコンドミニアムというのは、リゾートマンションを指します。ですから、コンドミニアムとは別荘なわけです。そのコンドミニアムなのですが、今、下落傾向にあります。つまりは、あまり売れていないので、価格を下げているのです。もちろん、景気が多少はよくなっているので売れる数はじわじわと増えています。しかし、それでもやはり今はリゾートマンションは厳しいものがあります。 ですから、価格は下落気味なのです。

コンドミニアムという物件

コンドミニアムというのは、別荘住宅のことです。英語の正確な意味ではないのですが、日本ではコンドミニアムといえば、リゾート物件のことを指します。しかも、リゾートマンションであることが多いです。 コンドミニアムは買うことはそんなに難しくないです。そもそもリゾート地というのは人気があってもそこまで地価が高くないからです。ですから、コンドミニアムを手に入れるのはそこまで大変ではなく、むしろ、維持費のほうがリスクが高いです。 リゾート地というのは、そこまで売れないのです。つまりは、処分が大変なのです。もちろん、あくまで使うから買うのですから、処分はすぐに検討する必要はないのですが、頭に入れておいたほうがよいことです。